THEAFLAVINテアフラビン

テアフラビン

高級紅茶に含まれる
希少ポリフェノール

紅茶ポリフェノール「テアフラビン」は世界中で様々な研究が行われている希少成分です。
特許製法でつくられる、国産茶葉を原料とした安心の食品素材をご案内致します。

テアフラビン
テアフラビンとは?

ABOUT
テアフラビンとは?

テアフラビンは主に紅茶に含まれるポリフェノールの一種です。
紅茶に風味と赤い水色(すいしょく)をもたらし、品質を左右する重要な成分ですが、高級紅茶にもわずかしか含まれない希少な成分です。

カテキンからテアフラビンへ<

PROCESS
カテキンから
テアフラビンへ

テアフラビンは、生の茶葉を発酵(酸化)させてできる成分です。葉に含まれる酵素と反応して、緑茶カテキンが2つ結合し生成されます。そのため「スーパーカテキン」とも呼ばれ、カテキン以上の機能性があると言われています。

カテキンからテアフラビンへ<
4種類の構造

TYPE
4種類の構造

テアフラビン類には4種類の構造があります。
最もシンプルな形をしている遊離型テアフラビン(TF)は紅茶葉に含まれる量が4種類の中で最も少なく、特に希少であると言えます。

テアフラビンパウダー
TY-1

紅茶ポリフェノール「テアフラビン」は、希少性が高い成分です。特許技術のバイオプロセス製法を採用し、国産生茶葉の活きた酵素を使用した発酵を行い、テアフラビンを生成します。テアフラビンパウダーTY-1は、様々な効果が期待されている注目成分「テアフラビン」含有パウダーです。

商品を見る

ぷるりら

テアフラビンパウダーTY-1を使用した商品を
ご紹介いたします。

商品を見る